国内会議 / Presentation, JP

目次 / Index

2018 / 2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002

2018

進士彩華, 梅澤公二, 下里剛士, 高谷智英. ベルベリン類縁体による筋分化誘導型オリゴ DNA の作用増強. 日本農芸化学会中部支部第183回支部例会 (名古屋), 2018/09/15 (ポスター).

石岡美奈, 二橋佑磨, 鏡味裕, 下里剛士, 高谷智英. 筋分化誘導型オリゴ DNA による多能性幹細胞の分化誘導. 日本農芸化学会中部支部第183回支部例会 (名古屋), 2018/09/15 (ポスター).

中村駿一, 米倉真一, 下里剛士, 高谷智英. 糖濃度依存的な骨格筋分化抑制に対する筋分化誘導型オリゴ DNA の作用. 日本農芸化学会中部支部第183回支部例会 (名古屋), 2018/09/15 (ポスター).

高谷智英. 筋分化を誘導する乳酸菌オリゴ DNA の生体内作用の実証. 日本農芸化学会中部支部第182回支部例会 (津), 2018/06/09 (第15回農芸化学研究企画賞受賞講演).

中村駿一, 米倉真一, 高谷智英. グルコース濃度の急激な変化がマウス筋芽細胞の増殖に及ぼす影響. 第18回日本抗加齢医学会 (大阪), 2018/05/26 (口演).

高谷智英, 進士彩華, 梅澤公二, 下里剛士. 骨格筋分化を誘導する新規オリゴ DNA の同定と機能解析. 第18回日本抗加齢医学会 (大阪), 2018/05/25 (優秀演題受賞講演), 最優秀演題賞受賞.

高谷智英, 二橋佑磨, 小野珠乙, 鏡味裕. ニワトリ骨格筋芽細胞における TLR リガンド依存的な炎症反応. 日本家禽学会2018年度春季大会 (東京), 2018/03/30 (口演).

二橋佑磨, 進士彩華, 梅澤公二, 下里剛士, 小野珠乙, 鏡味裕, 高谷智英. 筋分化誘導型オリゴ DNA とベルベリンの複合体によるニワトリ筋芽細胞の分化誘導. 日本家禽学会2018年度春季大会 (東京), 2018/03/30 (口演), 優秀発表賞受賞.

鏡味裕, 平松浩二, 小野珠乙, 高谷智英. ニワトリ幹細胞の育種への活用. 日本家禽学会2018年度春季大会 (東京), 2018/03/30 (口演).

佐藤彩水, 楠戸智也, 小野珠乙, 高谷智英, 鏡味裕. AART を用いた体外培養胚の効率的産出. 日本畜産学会第124回大会 (東京), 2018/03/29 (口演).

進士彩華, 中村駿一, 二橋佑磨, 梅澤公二, 下里剛士, 高谷智英. 筋分化誘導型オリゴ DNA は横紋筋肉腫細胞の増殖を抑制する. 日本農芸化学会2018年度大会 (名古屋), 2018/03/17 (口演).

中村駿一, 進士彩華, 二橋佑磨, 梅澤公二, 高谷智英. 生薬分子ベルベリンおよびパルマチンは横紋筋肉腫細胞の増殖を抑制する. 日本農芸化学会2018年度大会 (名古屋), 2018/03/17 (口演).

高谷智英. 筋分化を誘導する乳酸菌オリゴ DNA の生体内作用の実証. 日本農芸化学会2018年度産学官学術交流フォーラム (名古屋), 2018/03/16 (第15回農芸化学研究企画賞受賞報告).

2017

進士彩華, 梅澤公二, 下里剛士, 高谷智英. テロメリックアプタマーとアルカロイドによる骨格筋分化誘導. 核酸化学若手フォーラム 2017 (東京), 2017/11/13 (ポスター).

梅澤公二, 進士彩華, 大塚雅夢, 下里剛士, 高谷智英. 筋分化を誘導する DNA 配列に関する立体構造的特徴の計算化学による探索. 核酸化学若手フォーラム 2017 (東京), 2017/11/13 (ポスター).

二橋佑磨, 進士彩華, 小野珠乙, 鏡味裕, 梅澤公二, 下里剛士, 高谷智英. 乳酸菌オリゴ DNA による筋分化誘導を活用した鶏肉増産法の開発. 日本農芸化学会中部支部第180回支部例会 (名古屋), 2017/10/07 (ポスター).

進士彩華, 梅澤公二, 下里剛士, 高谷智英. 乳酸菌オリゴ DNA と生薬分子の複合体による骨格筋分化誘導. 日本農芸化学会中部支部第180回支部例会 (名古屋), 2017/10/07 (ポスター).

高谷智英. 骨格筋分化を促進するアプタマー: ロコモティブ症候群の予防を目指して. 日本薬学会東海支部特別講演会 (静岡), 2017/09/27 (特別講演).

高谷智英, 進士彩華, 二橋佑磨, 梅澤公二. 横紋筋肉腫に対する植物性生薬分子の作用. 北信越畜産学会第66回大会 (伊那), 2017/09/08 (口演).

二橋佑磨, 小野珠乙, 鏡味裕, 高谷智英. ニワトリ筋芽細胞における Toll-like receptor 遺伝子群の発現. 北信越畜産学会第66回大会 (伊那), 2017/09/08 (口演).

鏡味裕, 佐藤彩水, 小野珠乙, 兼子香代子, 高谷智英. ニワトリ受精卵・ニワトリ胚の新たな利用法の開拓. 日本畜産学会第123回大会 (伊那), 2017/09/07 (口演).

高谷智英. 骨格筋幹細胞における GATA4 の役割. 日本畜産学会第123回大会 (伊那), 2017/09/06 (口演).

二橋佑磨, 進士彩華, 小野珠乙, 鏡味裕, 梅澤公二, 下里剛士, 高谷智英. 乳酸菌由来オリゴ DNA によるニワトリ筋芽細胞の分化誘導. 日本畜産学会第123回大会 (伊那), 2017/09/06 (口演).

進士彩華, 梅澤公二, 下里剛士, 高谷智英. 筋分化を促進する乳酸菌オリゴ DNA によるヒト横紋筋肉腫の増殖抑制. 日本畜産学会第123回大会 (伊那), 2017/09/06 (口演).

高谷智英, 二橋佑磨, 小島正太郎, 小野珠乙, 鏡味裕. ニワトリとマウスの骨格筋芽細胞の自発的な異種細胞融合. 日本家禽学会2017年度秋季大会 (伊那), 2017/09/05 (口演).

二橋佑磨, 小野珠乙, 鏡味裕, 高谷智英. 骨格筋芽細胞の増殖・分化能は肉用鶏と卵用鶏で異なる. 日本家禽学会2017年度秋季大会 (伊那), 2017/09/05 (口演).

鏡味裕, 佐藤彩水, 佐藤知弥, 三木静華, 小野珠乙, 高谷智英, Molee A, Molee W, Prajan S, Hang T, 平松浩二. ニワトリキメラの作出と育種への応用の試み. 日本家禽学会2017年度秋季大会 (伊那), 2017/09/05 (口演).

高谷智英, 進士彩華, 二橋佑磨, 梅澤公二, 下里剛士. 骨格筋分化を特異的に促進する新規核酸アプタマーの同定. 第3回国際心血管薬物療法学会日本部会学術集会 (東京), 2017/06/17 (ポスター), 研究奨励賞受賞.

高谷智英, 小島正太郎, 小野珠乙, 鏡味裕. 哺乳類と鳥類の異種融合骨格筋の作出. 日本畜産学会第122回大会 (神戸), 2017/03/29 (口演).

進士彩華, 梅澤公二, 下里剛士, 高谷智英. 骨格筋幹細胞の分化に作用する乳酸菌由来オリゴ DNA の探索. 日本畜産学会第122回大会 (神戸), 2017/03/29 (口演).

高谷智英, 進士彩華, 下里剛士. ロコモティブ症候群の予防に有益な機能分子の探索. 平成28年度長野県看護大学研究集会 (駒ケ根), 2017/03/17 (ポスター).

2016

徳武優佳子, 山田啓太, 渡邉敬文, 平松浩二, 高谷智英, 米倉真一. 小胞体ストレス応答分子 IRE1-XBP1 の骨格筋分化における機能的意義の解明. 第39回日本分子生物学会 (横浜), 2016/12/02 (ポスター).

高谷智英. 転写因子 GATA4 は骨格筋幹細胞の増殖・分化を制御する. 第2回国際心血管薬物療法学会日本部会学術集会 (徳島), 2016/06/25 (ポスター).

2015

本橋紀夫, 森秀一, 重本和宏, 高嶋留美, 高谷智英, 朝倉淳. microRNA を介した骨格筋幹細胞維持機構. 第1回日本筋学会学術集会 (東京), 2015/08/08 (ポスター).

2014

本橋紀夫, 高谷智英, 朝倉陽子, 朝倉淳. 筋衛星細胞維持機構の解明. 第69回日本体力医学会 (長崎), 2014/09/19 (口演).

2012

和田啓道, 浦修一, 赤尾昌治, 益永信豊, 高谷智英, 森(高鍋)利依子, 小坂田元太, 浅原(佐藤)哲子, 島津章, 長谷川浩二. 血清アディポネクチンレベルと左室肥大の関連. 第33回日本肥満学会 (京都), 2012/10/11-12 (口演).

Kakino A, Fujita Y, Takaya T, Iwamoto S, Sawamura T. Identification of an endogenous inhibitor to block the interaction between oxLDL and its receptors. 第44回日本動脈硬化学会学術集会 (福岡), 2012/07/19-20.

浦修一, 和田啓道, 北岡修二, 浅原(佐藤)哲子, 堀江貴裕, 尾野亘, 高谷智英, 森(高鍋)利依子, 赤尾昌治, 阿部充, 森本達也, 藤田正俊, 島津章, 長谷川浩二. 血管内皮増殖因子 C は脂質異常及び動脈硬化と関連している. 第55回日本糖尿病学会 (横浜), 2012/05/17-19 (口演).

和田啓道, 浦修一, 赤尾昌治, 益永信豊, 高谷智英, 森利依子, 小坂田元太, 佐藤哲子, 島津章, 長谷川浩二. 血清アディポネクチンレベルは病的な左室肥大の誘導により上昇する. 第49回日本臨床分子医学会学術集会 (京都), 2012/04/13 (ポスター).

Takanabe-Mori R, Ono K, Wada H, Takaya T, Yamakage H, Satoh-Asahara N, Shimatsu A, Takahashi Y, Fujita M, Fujita Y, Sawamura T, Hasegawa K. Possible roles of lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor-1 (LOX-1) in smoking-induced inflammation. 第76回日本循環器学会学術集会 (福岡), 2012/03/18 (口演).

Ura S, Wada H, Kitaoka S, Satoh-Asahara N, Horie T, Ono K, Takaya T, Takanabe-Mori R, Akao M, Abe M, Morimoto T, Fujita M, Shimatsu A, Hasegawa K. Serum levels of vascular endothelial growth factor-C are associated with dyslipidemia and atheroscrelosis. 第76回日本循環器学会学術集会 (福岡), 2012/03/16-18 (口演).

垣野明美, 藤田佳子, 高谷智英, 岩元真, 沢村達也. 内因性酸化 LDL 阻害分子 Del-1 の同定. 第85回日本薬理学会年会 (京都), 2012/03/14 (口演).

垣野明美, 藤田佳子, 高谷智英, 岩元真, 沢村達也. 内因性酸化 LDL 阻害分子の同定. 第8回宮崎サイエンスキャンプ (宮崎), 2012/02/18 (ポスター).

2011

Wada H, Ura S, Kitaoka S, Satoh-Asahara N, Horie T, Ono K, Takaya T, Takanabe-Mori R, Akao M, Abe M, Morimoto T, Fujita M, Shimatsu A, Hasegawa K. Distinct characteristics of circulating vascular endothelial growth factor-A and C levels in human subjects. 第19回日本血管生物医学会学術集会 (東京), 2011/12/08-10 (ポスター).

高谷智英, 和田啓道, 藤田佳子, 森本達也, 沢村達也, 長谷川浩二. 心不全 Dahl ラットの心機能低下に伴い左室 LOX-1 の発現は亢進する. 第21回日本循環薬理学会 (岡山), 2011/12/02 (口演).

高谷智英, 和田啓道, 藤田佳子, 森本達也, 長谷川浩二, 沢村達也. 心不全における左室 LOX-1 の発現量と可溶型 LOX-1 の血中濃度は心機能を反映する. 第15回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (大阪), 2011/11/26 (口演).

森(高鍋)利依子, 尾野亘, 和田啓道, 高谷智英, 山陰一, 浅原(佐藤)哲子, 島津章, 高橋裕子, 藤田正俊, 藤田佳子, 沢村達也, 長谷川浩二. 喫煙者において血清可溶性 LOX-1 濃度及び LOX index は, 高感度 CRP, 呼気 CO 濃度と正相関する. 第6回日本禁煙科学会学術集会 (沖縄), 2011/11/25-27 (ポスター).

原満帆, 砂川陽一, 鈴木秀敏, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 刀坂泰史, 米田正始, 島津章, 北徹, 藤田正俊, 長谷川浩二, 森本達也. クルクミンをリード化合物とした新規心不全治療薬の探索. 第21回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成23年度日本薬学東海支部例会 (名古屋), 2011/11/23 (口演).

浦修一, 和田啓道, 北岡修二, 浅原哲子, 高谷智英, 森利依子, 赤尾昌治, 阿部充, 森本達也, 尾野亘, 藤田正俊, 島津章, 長谷川浩二. ヒト血中の血管内皮増殖因子 A (VEGF-A) 及び C (VEGF-C) の心血管危険因子との関連. 第32回日本肥満学会 (淡路), 2011/09/24-25 (ポスター).

和田啓道, 益永信豊, 浦修一, 赤尾昌治, 阿部充, 金崎幹彦, 小坂田元太, 高谷智英, 森本達也, 藤田正俊, 藤田佳子, 佐藤優子, 島津章, 沢村達也, 長谷川浩二. LOX-index と左室収縮不全の関連. 第59回日本心臓病学会学術集会 (神戸), 2011/09/23-25 (ポスター).

浦修一, 和田啓道, 北岡修二, 浅原哲子, 高谷智英, 森利依子, 尾野亘, 赤尾昌治, 阿部充, 森本達也, 藤田正俊, 島津章, 長谷川浩二. 血管内皮増殖因子 C は動脈硬化惹起性脂質異常と関連している. 第59回日本心臓病学会学術集会 (神戸), 2011/09/23-25 (ポスター).

益永信豊, 和田啓道, 赤尾昌治, 浦修一, 高谷智英, 阿部充, 西尾真季, 船津順子, 中島康代, 金崎幹彦, 小坂田元太, 浅原哲子, 島津章, 長谷川浩二. 病的心肥大と胎盤由来増殖因子の関連. 第59回日本心臓病学会学術集会 (神戸), 2011/09/23-25 (ポスター).

高谷智英, 和田啓道, 藤田佳子, 森本達也, 長谷川浩二, 沢村達也. 高血圧性心不全モデルラットにおける左室 LOX-1 の発現量は心機能と相関する. 第47回高血圧関連疾患モデル学会学術集会 (札幌), 2011/09/07 (口演).

Sunagawa Y, Morimoto T, Kawamura T, Takaya T, Wada H, Shimatsu A, Kimura T, Fujita M, Hasegawa K. Curcumin, a p300 HAT inhibitor, prevents the development of hypertension-induced left ventricular hypertrophy in rats. 第75回日本循環器学会学術集会 (横浜), 2011/08/04 (ポスター).

Wada H, Masunaga N, Ura S, Yamada A, Akao M, Abe M, Kanasaki M, Osakada G, Takaya T, Morimoto T, Fujita M, Fujita Y, Satoh Y, Shimatsu A, Sawamura T, Hasegawa K. Index of lectin-like oxidized low-density-lipoprotein receptor is independently associated with left ventricular systolic dysfunction. 第75回日本循環器学会学術集会 (横浜), 2011/08/04 (ポスター).

Wada H, Akao M, Masunaga N, Takaya T, Ura S, Yamada A, Takanabe-Mori R, Abe M, Funatsu J, Nakajima Y, Kanasaki M, Osakada G, Nakano T, Ono K, Satoh N, Shimatsu A, Hasegawa K. Serum adiponectin levels are increased by pathologically induced left ventricular hypertrophy. 第75回日本循環器学会学術集会 (横浜), 2011/08/03-04 (口演).

Masunaga N, Wada H, Akao M, Ura S, Yamada A, Takaya T, Abe M, Nishio M, Funatsu J, Nakajima Y, Kanasaki M, Osakada G, Satoh N, Shimatsu A, Hasegawa K. Serum levels of placental growth factor is associated with left ventricular hypertrophy in men. 第75回日本循環器学会学術集会 (横浜), 2011/08/03-04 (口演).

Wada H, Ura S, Yamada A, Kitaoka S, Satoh-Asahara N, Takaya T, Takanabe-Mori R, Akao M, Abe M, Morimoto T, Fujita M, Shimatsu A, Hasegawa K. Serum levels of VEGF-C are elevated in metabolic syndrome subjects in association with dyslipidemia and soluble VEGF receptor-2. 第43回日本動脈硬化学会学術集会 (札幌), 2011/07/15-16 (ポスター).

原満帆, 砂川陽一, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 刀坂泰史, 米田正始, 島津章, 北徹, 藤田正俊, 長谷川浩二, 森本達也. p300 特異的ヒストンアセチル化抑制クルクミンは高血圧性心不全の進行を抑制した. 第75回日本生化学会中部支部例会 (静岡), 2011/05/28 (ポスター).

野村幸弘, 砂川陽一, 寺田太士, 刀坂泰史, 高谷智英, 和田啓道, 島津章, 藤田正俊, 長谷川浩二, 森本達也. 新規 GATA4 結合タンパク質 RbAp46, RbAp48 は p300/GATA4 経路を介して心筋細胞肥大を調節する. 第75回日本生化学会中部支部例会 (静岡), 2011/05/28 (ポスター).

浦修一, 和田啓道, 山田明, 北岡修二, 浅原(佐藤)哲子, 高谷智英, 森(高鍋)利依子, 赤尾昌治, 阿部充, 森本達也, 藤田正俊, 島津章, 長谷川浩二. 血管内皮増殖因子 C (VEGF-C) はメタボリックシンドロームで上昇し, 脂質異常, 可溶性 VEGF 受容体 2 に関連する. 第54回日本糖尿病学会 (札幌), 2011/05/20 (口演).

山田明, 和田啓道, 浦修一, 北岡修二, 浅原(佐藤)哲子, 高谷智英, 森(高鍋)利依子, 赤尾昌治, 森本達也, 藤田正俊, 高橋裕子, 島津章, 長谷川浩二. 胎盤由来増殖因子 (PlGF) は禁煙後の内臓脂肪蓄積, インスリン抵抗性増悪を鋭敏に反映する. 第54回日本糖尿病学会 (札幌), 2011/05/19 (口演).

森(高鍋)利依子, 尾野亘, 和田啓道, 高谷智英, 山陰一, 浅原(佐藤)哲子, 島津章, 高橋裕子, 藤田正俊, 藤田佳子, 沢村達也, 長谷川浩二. 喫煙者において血清可溶性 LOX-1 濃度は, 高感度 CRP, 呼気 CO, LAB 濃度と正相関する. 第48回日本臨床分子医学会学術集会 (東京), 2011/04/17 (ポスター).

砂川陽一, 森本達也, 高谷智英, 和田啓道, 島津章, 藤田正俊, 北徹, 長谷川浩二. 心筋細胞肥大における p300/GATA4 複合体と Cdk9 キナーゼ活性の役割. 第131回日本薬学会年会 (静岡), 2011/03/30 (中止).

鈴木秀敏, 砂川陽一, 岡村信子, 中川由紀子, 杉本明央, 寺田太士, 高谷智英, 刀坂泰史, 藤田正俊, 島津章, 長谷川浩二, 森本達也. 新規 GATA4 結合タンパク質 RACK1 の心肥大に対する効果の検討. 第131回日本薬学会年会 (静岡), 2011/03/30 (中止).

並木雅俊, 砂川陽一, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 刀坂泰史, 米田正始, 島津章, 北徹, 藤田正俊, 長谷川浩二, 森本達也. p300 特異的 HAT 限害剤クルクミンはラット心筋梗塞後心不全を改善した. 第131回日本薬学会年会 (静岡), 2011/03/30 (中止).

高谷智英, 鶏内伸二, 尾野亘, 森本達也, 木村剛, 長谷川浩二. ES 細胞の心筋分化における microRNA-1/GATA4/Cdk9 の役割. 第7回宮崎サイエンスキャンプ (宮崎), 2011/02/25 (ポスター).

森(高鍋)利依子, 尾野亘, 和田啓道, 高谷智英, 山陰一, 浅原(佐藤)哲子, 島津章, 高橋裕子, 藤田正俊, 藤田佳子, 沢村達也, 長谷川浩二. 喫煙者において血清可溶性 LOX-1 濃度は, 高感度 CRP, 呼気 CO 濃度と正相関する. 第20回日本禁煙推進医師歯科医師連盟学術総会 (北九州), 2011/02/11 (口演).

2010

和田啓道, 浦修一, 北岡修二, 浅原哲子, 高谷智英, 森(高鍋)利依子, 赤尾昌治, 阿部充, 森本達也, 藤田正俊, 島津章, 長谷川浩二. 血管内皮増殖因子 C (VEGF-C) はメタボリックシンドロームで上昇している. 第18回日本血管生物医学会学術集会 (大阪), 2010/12/01 (ポスター).

寺田太士, 砂川陽一, 渡辺雄一, 高谷智英, 和田啓道, 刀坂泰史, 島津章, 木村剛, 藤田正俊, 長谷川浩二, 森本達也. 新規 GATA4 結合タンパク質 RbAp46, RbAp48 の心筋細胞肥大への影響. 第18回日本血管生物医学会学術集会 (大阪), 2010/12/01 (ポスター).

大津多聞, 砂川陽一, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 刀坂泰史, 藤田正俊, 島津章, 北徹, 長谷川浩二, 森本達也. クルクミンは p300 特異的ヒストンアセチルトランスフェラーゼ阻害効果により心筋細胞肥大を抑制する. 第20回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成22年度日本薬学東海支部例会 (静岡), 2010/11/28 (ポスター).

寺田太士, 砂川陽一, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 長澤淳, 米田正始, 刀坂泰史, 藤田正俊, 島津章, 北徹, 長谷川浩二, 森本達也. ウコン抽出物クルクミンによる心筋細胞肥大抑制のメカニズム. 第20回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成22年度日本薬学東海支部例会 (静岡), 2010/11/28 (ポスター).

鈴木秀敏, 砂川陽一, 中川由紀子, 川口正悟, 村井範之, 矢吹晴一郎, 高谷智英, 刀坂泰史, 藤田正俊, 島津章, 長谷川浩二, 森本達也. 新規 GATA4 結合タンパク RACK1 は心筋細胞の肥大を抑制した. 第20回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成22年度日本薬学東海支部例会 (静岡), 2010/11/28 (ポスター).

Sugimoto A, Sunagawa Y, Katanasaka Y, Wada H, Takaya T, Shimatsu A, Kimura T, Fujita M, Hasegawa K, Morimoto T. SNF5/INI1 inhibits hypertrophic responses through repression of p300/GATA4 in cardiac myocytes. 第14回日本心不全学会学術集会 (東京), 2010/10/08 (口演).

Terada T, Sunagawa Y, Katanasaka Y, Wada H, Takaya T, Shimatsu A, Kimura T, Fujita M, Hasegawa K, Morimoto T. RbAp48/46 are novel components of p300/GATA4 comprex required for hypertrophic responses in cardiac myocytes. 第14回日本心不全学会学術集会 (東京), 2010/10/07 (ポスター).

和田啓道, 北岡修二, 浅原哲子, 高谷智英, 森利依子, 赤尾昌治, 阿部充, 森本達也, 藤田正俊, 島津章, 長谷川浩二. 血管内皮増殖因子 C (VEGF-C) はメタボリックシンドロームで上昇している. 第31回日本肥満学会 (前橋), 2010/10/01 (口演).

和田啓道, 高谷智英, 森本達也, 砂川陽一, 川村晃久, 森利依子, 島津章, 藤田佳子, 佐藤優子, 藤田正俊, 木村剛, 沢村達也, 長谷川浩二. 左室肥大を伴う心不全患者の血清における可溶性レクチン様酸化 LDL レセプター 1 の上昇. 第58回日本心臓病学会学術集会 (東京), 2010/09/17-19.

寺田太士, 砂川陽一, 渡邊雄一, 高谷智英, 和田啓道, 刀坂泰史, 島津章, 木村剛, 藤田正俊, 長谷川浩二, 森本達也. 新規 GATA4 結合タンパク質 RbAp46, RbAp48 は p300/GATA4 経路を介して心筋細胞肥大を調節する. 第56回日本薬学会東海支部大会 (岐阜), 2010/07/03 (口演).

砂川陽一, 森本達也, 高谷智英, 和田啓道, 刀坂泰史, 島津章, 柳茂樹, 丸井晃, 池田義, 坂田隆造, 木村剛, 藤田正俊, 長谷川浩二. 天然物クルクミンと ACE 阻害薬の併用療法は相加的に心筋梗塞後のリモデリングを改善する. 第10回日本抗加齢医学会 (京都), 2010/06/11 (口演).

渡邉雄一, 砂川陽一, 高谷智英, 川村晃久, 和田啓道, 刀坂泰史, 藤田正俊, 北徹, 長谷川浩二, 森本達也. Cdk9 阻害薬 DRB は p300/GATA4 経路を阻害し心筋肥大を抑制する. 第122回日本薬理学会関東部会 (静岡), 2010/06/05 (ポスター).

砂川陽一, 刀坂泰史, 高谷智英, 和田啓道, 桑木知朗, 丸井晃, 池田義, 坂田隆造, 島津章, 木村剛, 藤田正俊, 長谷川浩二, 森本 達也. G-CSF/Erythropoietin 併用療法は心筋梗塞後心不全の進行を抑制する. 第122回日本薬理学会関東部会 (静岡), 2010/06/05 (ポスター).

平野早絵, 砂川陽一, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 刀坂泰史, 米田正始, 島津章, 北徹, 藤田正俊, 長谷川浩二, 森本達也. 天然物成分クルクミンによる核内アセチル化をターゲットとした新規心不全治療の可能性. 第122回日本薬理学会関東部会 (静岡), 2010/06/05 (ポスター).

中川由紀子, 砂川陽一, 和田啓道, 刀坂泰史, 高橋健治, 福田宏之, 高谷智英, 木村剛, 島津章, 藤田正俊, 長谷川浩二, 森本達也. 経口 DDS (Drug Delivery System) クルクミンは血中のクルクミン濃度を上昇させ, 心筋梗塞後の心不全進行を抑制する. 第122回日本薬理学会関東部会 (静岡), 2010/06/05 (ポスター).

石橋幸大, 砂川陽一, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 長澤淳, 米田正始, 刀坂泰史, 藤田正俊, 島津章, 北徹, 長谷川浩二, 森本達也. ウコン抽出物クルクミンによるヒストンアセチルトランスフェラーゼ p300 の抑制メカニズムの解明. 第122回日本薬理学会関東部会 (静岡), 2010/06/05 (ポスター).

並木雅俊, 砂川陽一, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 刀坂泰史, 米田正始, 藤田正俊, 島津章, 北徹, 長谷川浩二, 森本達也. クルクミンによる心筋梗塞後心不全改善効果の検討. 第122回日本薬理学会関東部会 (静岡), 2010/06/05 (ポスター).

大津多聞, 砂川陽一, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 刀坂泰史, 藤田正俊, 北徹, 長谷川浩二, 森本達也. p300 特異的 HAT 阻害薬クルクミンは心筋細胞肥大を抑制する. 第122回日本薬理学会関東部会 (静岡), 2010/06/05 (ポスター).

和田啓道, 高谷智英, 森本達也, 砂川陽一, 川村晃久, 森利依子, 島津章, 藤田佳子, 佐藤優子, 藤田正俊, 木村剛, 沢村達也, 長谷川浩二. 可溶性レクチン様酸化 LDL レセプター 1 (sLOX-1) は左室肥大を伴う心不全患者の血清で上昇している. 第47回日本臨床分子医学会学術集会 (東京), 2010/04/11 (ポスター).

Takanabe-Mori R, Ono K, Sowa N, Wada H, Takaya T, Satoh N, Shimatsu A, Fujita M, Sawamura T, Hasegawa K. Roles of lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor-1 for glucose tolerance in normal and obese mice. 第74回日本循環器学会学術集会 (京都), 2010/03/07 (口演).

Takanabe-Mori R, Ono K, Sowa N, Wada H, Takaya T, Satoh N, Shimatsu A, Fujita M, Sawamura T, Hasegawa K. LOX-1 is required for overexpression of MCP-1 in mesenteric fat tissue of obese mice. 第74回日本循環器学会学術集会 (京都), 2010/03/06 (口演).

Sunagawa Y, Fukuda H, Wada H, Takaya T, Marui A, Uemura K, Shimatsu A, Fujita M, Hasegawa K, Morimoto T. A novel drug-delivery system of oral curcumin markedly improves efficiency of heart failure treatment after myocardial infarction in rats. 第74回日本循環器学会学術集会 (京都), 2010/03/05 (ポスター).

2009

寺田太士, 森本達也, 砂川陽一, 高谷智英, 川村晃久, 和田啓道, 鶏内伸二, 島津章, 北徹, 藤田正俊, 長谷川浩二. Cdk9 阻害により p300/GATA4 経路活性による心筋肥大を抑制する. 第19回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成21年度日本薬学会東海支部例会 (四日市), 2009/11/23 (ポスター).

砂川陽一, 森本達也, 高谷智英, 川村晃久, 和田啓道, 鶏内伸二, 島津章, 北徹, 藤田正俊, 長谷川浩二. 新規 GATA4 結合タンパク質である Cdk9 は GATA4 を介して心筋細胞肥大反応遹伝子のプロモーター上にリクルートされる. 第19回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成21年度日本薬学会東海支部例会 (四日市), 2009/11/23 (ポスター).

Wada H, Takaya T, Morimoto T, Sunagawa Y, Fujita M, Kimura T, Fujita Y, Sato Y, Sawamura T, Shimatsu A, Hasegawa K. Soluble lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor-1 is increased in sera of chronic heart failure patients with left ventricular hypertrophy. 第13回日本心不全学会学術集会 (横浜), 2009/10/16-18.

Sunagawa Y, Fukuda H, Wada H, Takaya T, Kawamura T, Uemura K, Shimatsu A, Kimura T, FUjita M, Hasegawa K, Morimoto T. Novel oral curcumin drug-delivery system improves the deterioration of systolic function after rat myocardial infarction. 第13回日本心不全学会学術集会 (横浜), 2009/10/16-18.

Kawaguchi S, Morimoto T, Sunagawa Y, Wada H, Takaya T, Kawamura T, Yanagi S, Marui A, Ikeda T, Sakata R, Shimatsu A, Kimura T, Fujita M, Hasegawa K. Curcumin exerts synergistic effects with ACE inhibitor during systolic function restoration after myocardial infarction in rats. 第13回日本心不全学会学術集会 (横浜), 2009/10/16-18.

砂川陽一, 森本達也, 高谷智英, 和田啓道, 丸井晃, 坂田隆造, 島津章, 木村剛, 藤田正俊, 長谷川浩二. 天然物クルクミンと ACE 阻害薬の併用療法は相加的に心筋梗塞後の心不全の予後を改善する. 第11回応用薬理シンポジウム (静岡), 2009/09/19.

砂川陽一, 森本達也, 高谷智英, 川村晃久, 和田啓道, 島津章, 北徹, 藤田正俊, 長谷川浩二. Cdk9 は GATA4 を介して肥大反応遺伝子プロモーターにリクルートされる. 第13回 Molecular Cardiovascular Conference (キロロ), 2009/09/04-06.

寺田太士, 森本達也, 砂川陽一, 高谷智英, 川村晃久, 和田啓道, 島津章, 北徹, 藤田正俊, 長谷川浩二. Cdk9 阻害は p300/GATA4 経路活性化による心筋細胞肥大を抑制する. 第13回 Molecular Cardiovascular Conference (キロロ), 2009/09/04-06.

Takaya T, Wada H, Morimoto T, Sunagawa Y, Kawamura T, Shimatsu A, Fujita Y, Fujita M, Sawamura T, Hasegawa K. Left ventricular expression of LOX-1 during the development of heart failure. 第32回心筋代謝研究会 (大阪), 2009/07/05 (口演).

高谷智英, 森本達也, 砂川陽一, 和田啓道, 川村晃久, 島津章, 藤田正俊, 藤田佳子, 沢村達也, 長谷川浩二. 高血圧性心不全ラットにおける左室 LOX-1 の発現. 第46回臨床分子医学会学術集会 (東京), 2009/04/12 (ポスター).

砂川陽一, 森本達也, 高谷智英, 鶏内伸二, 和田啓道, 川村晃久, 藤田正俊, 島津章, 北徹, 長谷川浩二. 心筋細胞において Cdk9 は GATA4 を介して肥大反応遺伝子プロモーターにリクルートされる. 第46回臨床分子医学会学術集会 (東京), 2009/04/12 (ポスター).

森(高鍋)利依子, 尾野亘, 阿部由希子, 和田啓道, 高谷智英, 佐藤哲子, 島津章, 藤田正俊, 沢村達也, 長谷川浩二. 高脂肪食負荷マウスの脂肪組織において LOX-1 は MCP-1 と密接に関連して発現が誘導される. 第46回臨床分子医学会学術集会 (東京), 2009/04/12 (ポスター).

Sunagawa Y, Morimoto T, Takaya T, Wada H, Shimatsu A, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. Cyclin-dependent kinase-9 is recruited on cardiac hypertrophic response gene promoters through GATA4 in cardiomyocytes. 第73回日本循環器学会学術集会 (大阪), 2009/03/22 (ポスター).

Kaichi S, Hasegawa K, Takaya T, Yokoo N, Kawamura T, Morimoto T, Ono K, Baba S, Yamanaka S, Nakahata T, Heike T. Cell line-dependent differentiation of mouse induced-pluripotent stem cells into cardiomyocytes. 第73回日本循環器学会学術集会 (大阪), 2009/03/22 (ポスター).

Sunagawa Y, Morimoto T, Kawamura T, Takaya T, Wada H, Kuwai T, Yanagi S, Sugimoto A, Tsukashita M, Marui A, Ikeda T, Shimatsu A, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. Synergistic effects of G-CSF and erythropoietin on left ventricular systolic function in heart failure after rat myocardial infarction. 第73回日本循環器学会学術集会 (大阪), 2009/03/21 (ポスター).

Takanabe R, Ono K, Abe Y, Wada H, Takaya T, Satoh N, Shimatsu A, Fujita M, Sawamura T, Hasegawa K. LOX-1 is expressed in the adipose tissue of high-fat diet-induced obese mice in close association with MCP-1. 第73回日本循環器学会学術集会 (大阪), 2009/03/21 (ポスター).

Morimoto T, Sunagawa Y, Wada H, Takaya T, Yanagi S, Sugimoto A, Tsukashita M, Marui A, Ikeda T, Fujita M, Shimatsu A, Kita T, Hasegawa K. Curcumin, a natural p300-specific histone acetyltransferase inhibitor, possesses beneficial effects in addition to ACE inhibitor after myocardial infarction in rats. 第73回日本循環器学会学術集会 (大阪), 2009/03/21 (ポスター).

Takaya T, Morimoto T, Sungawa Y, Wada H, Kawamura T, Shimatsu A, Fujita M, Fujita Y, Sawamura T, Hasegawa K. Left ventricular expression of lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor-1 during the development of heart failure. 第73回日本循環器学会学術集会 (大阪), 2009/03/20 (Featured Research Session).

高谷智英. 心不全進展における心筋 LOX-1 の役割. 臨床心血管再生研究会 (京都), 2009/03/04 (口演).

2008

高鍋利依子, 尾野亘, 高谷智英, 堀江貴裕, 和田啓道, 北徹, 島津章, 長谷川浩二. マウス脂肪組織における microRNA-143 の発現は肥満と共に増加する. 第12回日本心血管内分泌代謝学会学術集会 (熊本), 2008/11/29 (ポスター).

Takaya T, Morimoto T, Sunagawa Y, Wada H, Kawamura T, Shimatsu A, Fujita M, Fujita Y, Sawamura T, Hasegawa K. Left ventricular expression of LOX-1 is markedly increased in proportion to the extent of hypertension-induced heart failure in rats. 第12回日本心不全学会学術集会 (東京), 2008/10/17 (ポスター).

Sunagawa Y, Morimoto T, Takaya T, Kawamura T, Wada H, Shimatsu A, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. The kinase activity of Cdk9 is required for phosphorylation of p300 and acetylation of GATA4 as well as cardiomyocyte hypertrophy. 第12回日本心不全学会学術集会 (東京), 2008/10/17 (ポスター).

Sunagawa Y, Morimoto T, Takaya T, Kuwaki T, Yanagi S, Marui A, Ikeda T, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. Synergistic effects of granulocyte-colony stimulating factor and erythropoietin on left ventricular systolic function in rat myocardial infarction. 第12回日本心不全学会学術集会 (東京), 2008/10/16 (ポスター).

砂川陽一, 森本達也, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 藤田正俊, 島津章, 北徹, 長谷川浩二. Cdk9 は p300 のリン酸化や GATA4 のアセチル化を亢進し心筋細胞肥大反応に必要である. 第12回 Molecular Cardiovascular Conference (キロロ), 2008/09/05-07.

高谷智英, 川村晃久, 尾野亘, 高鍋利依子, 鷄内伸二, 馬場志郎, 平家俊男, 中畑龍俊, 森本達也, 北徹, 島津章, 長谷川浩二. MicroRNA-1 の過剰発現はマウス ES 細胞の心筋分化を抑制する. 第45回日本臨床分子医学会学術集会 (神戸), 2008/07/25 (ポスター).

砂川陽一, 森本達也, 高谷智英, 和田啓道, 川村晃久, 藤田正俊, 島津章, 北徹, 長谷川浩二. Cyclin-dependent kinase-9 は p300 の histone acetyltransferase 活性に必須である. 第45回日本臨床分子医学会学術集会 (神戸), 2008/07/25 (ポスター).

和田啓道, 佐藤哲子, 森本達也, 高谷智英, 中野為夫, 藤田正俊, 島津章, 長谷川浩二. 可溶性 VEGF 受容体 2 のメタボリックシンドローム患者血清における上昇と心筋梗塞後の心機能に及ぼす影響. 第45回日本臨床分子医学会学術集会 (神戸), 2008/07/25 (ポスター).

鶏内伸二, 高谷智英, 森本達也, 砂川陽一, 川村晃久, 尾野亘, 北徹, 日高京子, 森崎隆幸, 馬場志郎, 平家俊男, 中畑龍俊, 長谷川浩二. p300/GATA4 複合体の新規構成因子である CDK9 は ES 細胞から心筋への初期分化に重要な役割を果たす. 第8回心血管再生先端治療フォーラム (東京), 2008/07/05 (口演).

Takaya T, Kawamura T, Ono K, Takanabe R, Kaichi S, Kita T, Wada H, Morimoto T, Shimatsu A, Hasegawa K. Overexpression of microRNA-1 in mouse embryonic stem cells represses myocardial differentiation. 第72回日本循環器学会学術集会 (福岡), 2008/03/29 (口演).

Sunagawa Y, Morimoto T, Kawamura T, Takaya T, Wada H, Shimatsu A, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. Cyclin-dependent kinase-9 is required for histone acetyltransferase activity of p300. 第72回日本循環器学会学術集会 (福岡), 2008/03/29 (口演).

Kaichi S, Takaya T, Sunagawa Y, Kawamura T, Ono K, Morimoto T, Kita T, Baba S, Hidaka K, Morisaki T, Heike T, Nakahata T, Shimatsu A, Hasegawa K. Cyclin-dependent kinase-9 is required for the differentiation of mouse ES cells into cardiac myocytes. 第72回日本循環器学会学術集会 (福岡), 2008/03/28 (ポスター).

高谷智英. マウス ES 細胞におけるマイクロ RNA の役割. 臨床心血管再生研究会 (京都), 2008/01/30 (口演).

2007

森本達也, 砂川陽一, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 米田正始, 藤田正俊, 島津章, 北徹, 長谷川浩二. 天然物成分クルクミンによる核内アセチル化をターゲットとした新規心不全治療の可能性. 第17回日本循環薬理学会 (大阪), 2007/11/30 (口演).

砂川陽一, 森本達也, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 藤田正俊, 島津章, 北徹, 長谷川浩二. Cyclin-dependent Kinase-9 は p300 の histone acetyltransferase 活性に必須である. 第17回日本循環薬理学会 (大阪), 2007/11/30 (口演).

森本達也, 砂川陽一, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 宮本昌一, 長澤淳, 米田正始, 島津章, 藤田正俊, 北徹, 長谷川浩二. 天然物ウコン成分クルクミンによる心筋細胞核内アセチル化抑制を介した心不全治療. 第11回 Molecular Cardiovascular Conference (キロロ), 2007/09/15 (ポスター).

砂川陽一, 森本達也, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 島津章, 藤田正俊, 北徹, 長谷川浩二. プロテオミクスにより同定した新規 GATA-4 結合因子である positive transcription elongation factor b は心筋細胞肥大反応に必要である. 第11回 Molecular Cardiovascular Conference (キロロ), 2007/09/15 (ポスター).

鶏内伸二, 高谷智英, 森本達也, 砂川陽一, 川村晃久, 尾野亘, 北徹, 日高京子, 森崎隆幸, 馬場志郎, 平家俊男, 中畑龍俊, 長谷川浩二. 心筋細胞分化における cyclin-dependent kinase-9 の役割 — ES 細胞から心筋への分化に際し p300/GATA-4 複合体の構成因子である cyclin-dependent kinase-9 は重要な役割を果たす. 第11回 Molecular Cardiovascular Conference (キロロ), 2007/09/15 (ポスター).

Takaya T, Kawamura T, Morimoto T, Ono K, Kita T, Shimatsu A, Hasegawa K. Identification of p300-targeted acetylated sites in GATA-4 during hypertrophic responses in cardiac myocytes. 第11回日本心不全学会学術集会 (千葉), 2007/09/10 (ポスター).

Morimoto T, Sunagawa Y, Kawamura T, Takaya T, Wada H, Shimatsu A, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. CDK9 is a novel component of p300/GATA-4 complex required for hypertrophic responses in cardiac myocytes. 第11回日本心不全学会学術集会 (千葉), 2007/09/10 (ポスター).

Sunagawa Y, Morimoto T, Kawamura T, Takaya T, Miyamoto S, Wada H, Shimatsu A, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. A natural p300-specific histone acetyltransferase inhibitor, crucumin, prevents the development of heart failure in vivo. 第11回日本心不全学会学術集会 (千葉), 2007/09/10 (ポスター).

砂川陽一, 森本達也, 高谷智英, 和田啓道, 宮本昌一, 川村晃久, 長澤淳, 米田正始, 藤田正俊, 島津章, 北徹, 長谷川浩二. 心筋細胞核内アセチル化抑制による新しい心不全治療薬の検討. 第44回日本臨床分子医学会学術集会 (和歌山), 2007/07/20 (口演).

Takaya T, Kawamura T, Morimoto T, Ono K, Kita T, Shimatsu A, Hasegawa K. Identification of p300-targeted acetylated residues in GATA-4 during myocardial cell hypertrophy. 第30回心筋代謝研究会 (京都), 2007/07/14 (口演).

砂川陽一, 森本達也, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 島津章, 藤田正俊, 北徹, 長谷川浩二. 心筋特異的 p300/GATA4 コンプレックスに含まれる Cdk9 は心筋細胞肥大反応に必要である. 第11回日本適応医学会 (札幌), 2007/06/09 (口演).

高谷智英. ES 細胞心筋分化における GATA-4 アセチル化の役割. 第1回京都循環器フロンティアフォーラム (京都), 2007/04/14 (ポスター).

Takaya T, Kawamura T, Morimoto T, Ono K, Kita T, Shimatsu A, Hasegawa K. A GATA-4 mutant lacking p300-induced acetylation suppresses myocardial cell hypertrophy. 第71回日本循環器学会学術集会 (神戸), 2007/03/17 (ポスター).

Morimoto T, Sunagawa Y, Kawamura T, Takaya T, Wada H, Shimatsu A, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. Proteomics analysis identifies novel GATA-4-binding partners involved in hypertrophic responses in cardiac myocytes. 第71回日本循環器学会学術集会 (神戸), 2007/03/17 (ポスター).

Morimoto T, Sunagawa Y, Kawamura T, Takaya T, Miyamoto S, Wada H, Shimatsu A, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. A natural p300-specific histone acetyltransferase inhibitor, crucumin, prevents the development of hypertension-induced heart failure in salt-sensitive Dahl rats. 第71回日本循環器学会学術集会 (神戸), 2007/03/17 (ポスター).

Kaichi S, Takaya T, Morimoto T, Sunagawa Y, Kawamura T, Ono K, Kita T, Hidaka K, Morisaki T, Baba S, Heike T, Nakahata T, Hasegawa K. Cyclin-dependent kinase-9, as a novel component of p300/GATA-4 complex, is involved in differentiation of mouse ES cells into cardiac myocytes. 第71回日本循環器学会学術集会 (神戸), 2007/03/17 (ポスター).

Takaya T, Kawamura T, Ono K, Takanabe R, Kaichi S, Kita T, Wada H, Morimoto T, Shimatsu A, Hasegawa K. Regulated expression of microRNAs during differentiation of mouse embryonic stem cells into cardiac myocytes. 第71回日本循環器学会学術集会 (神戸), 2007/03/16 (口演).

Takanabe R, Ono K, Takaya T, Horie T, Kita T, Shimatsu A, Hasegawa K. Up-regulated expression of microRNA-143 in the adipose tissue of high-fat diet-induced obese mice. 第71回日本循環器学会学術集会 (神戸), 2007/03/15 (Featured Research Session).

Sunagawa Y, Morimoto T, Kawamura T, Takaya T, Wada H, Shimatsu A, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. Cyclin-dependent kinase-9 is a novel component of p300/GATA-4 complex required for hypertrophic responses in cardiac myocytes. 第71回日本循環器学会学術集会 (神戸), 2007/03/15 (口演).

高谷智英. ES 細胞心筋分化における GATA-4 アセチル化の役割. 第5回京都大学臨床心血管再生研究会 (京都), 2007/03/06 (口演).

高谷智英. ES 細胞心筋分化における GATA-4 アセチル化の役割. 臨床心血管再生研究会 (京都), 2007/02/15 (口演).

2006

Morimoto T, Kawamura T, Takaya T, Wada H, Sunagawa Y, Ikemoto M, Fujita M, Kita T, Hasegawa K. Crucumin, a natural p300-specific histone acetyltransferase inhibitor, is a therapeutic agent that prevents the development of heart failure in vivo. 第10回日本心不全学会学術集会 (東京), 2006/10/13 (ポスター).

森本達也, 川村晃久, 高谷智英, 和田啓道, 宮本昌一, 砂川陽一, 藤田正俊, 北徹, 長谷川浩二. 天然物ウコン主成分クルクミンは心筋細胞核内アセチル化抑制を介して心筋細胞肥大を抑制する. 第10回 Molecular Cardiovascular Conference (キロロ), 2006/09/8-10.

高谷智英, 川村晃久, 尾野亘, 日高京子, 森崎隆幸, 平家俊男, 北徹, 島津章, 長谷川浩二. PKA/cAMP シグナルはマウス ES 細胞において心筋細胞への分化に関与する. 第6回心血管再生先端治療フォーラム (東京), 2006/07/01 (口演).

Kawamura T, Ono K, Takaya T, Miyamoto S, Morimoto T, Kawase Y, Kita T, Hasegawa K. Global expression profiling of hypertrophy-associated genes regulated by a transcriptional coactivator, p300. 第70回日本循環器学会学術集会 (名古屋), 2006/03/25 (ポスター).

Takaya T, Kawamura T, Ono K, Hidaka K, Morisaki T, Heike T, Nakahata T, Kita T, Hasegawa K. The role of cAMP/PKA pathway in the differentiation of embryonic stem cells into cardiac myocytes. 第70回日本循環器学会学術集会 (名古屋), 2006/03/24 (ポスター).

2005

Amin Z, Ruksana R, 高谷智英, 香川弘昭. 線虫の2つのトロポニン C と4つのトロポニン I との分子間相互作用. 第43回日本生物物理学会 (札幌), 2005/11/24 (ポスター).

安達良太, 高谷智英, 栗山可奈, 石岡憲昭, 香川弘昭. 宇宙遊泳による野生型線虫と太い繊維変異体の筋肉タンパク質の量変化. 第19回日本宇宙生物科学会 (東京), 2005/09/30 (シンポジウム).

高谷智英, 寺見浩美, 宗田充宏, 飯尾隆義, 香川弘昭. 線虫トロポニン C の Ca2+ 結合部位の変異と個体の行動. 2005年生体運動研究合同班会議 (大阪), 2005/01/08 (口演).

2004

高谷智英, 寺見浩美, 宗田充宏, 飯尾隆義, 香川弘昭. 線虫体壁筋型トロポニン C のサイト IV Ca2+ 結合とトロポニン I 結合は個体発生に必須である. 第42回日本生物物理学会 (京都), 2004/12/13 (ポスター).

高谷智英, 寺見浩美, 宗田充宏, 飯尾隆義, 香川弘昭. 体壁筋型トロポニン C の変異は線虫の発生, 形態, 運動に異常をもたらす. 第27回日本分子生物学会 (神戸), 2004/12/09 (ポスター).

安達良太, 浜田智代, 寺見浩美, 高谷智英, 香川弘昭. 線虫 C. エレガンスの興奮収縮連関. 2004年生体運動研究合同班会議 (東京), 2004/01/09 (口演).

2003

高谷智英, 寺見浩美, 香川弘昭. トロポニン I 結合能が異なるトロポニン C を持つ形質転換線虫の表現型解析. 第26回日本分子生物学会 (神戸), 2003/12/12 (ポスター).

高谷智英, 寺見浩美, 香川弘昭. 線虫の人為変異トロポニン C を用いた Ca2+ 依存性トロポニン I 結合能の測定. 第41回日本生物物理学会 (新潟), 2003/09/24 (ポスター).

宗田充宏, 高谷智英, 香川弘昭, 飯尾隆義. 線虫体壁筋におけるトロポニン C とトロポニン I との相互作用. 第41回日本生物物理学会 (新潟), 2003/09/24 (ポスター).

2002

高谷智英, 寺見浩美, 板東哲哉, 香川弘昭. Ca2+ あるいはトロポニン I との結合不良トロポニン C を形質転換した線虫の表現型解析. 第25回日本分子生物学会 (横浜), 2002/12/14 (ポスター).

高谷智英, 寺見浩美, 板東哲哉, 香川弘昭. 体壁筋特異的に発現する線虫トロポニン C の変異解析. 第40回日本生物物理学会 (名古屋), 2002/11/02 (口演).

Takaya T, Terami H, Bando T, Kagawa H. Mutant analysis of the body-wall troponin C of Caenorhabditis elegans. 第3回日本線虫集会 (名古屋), 2002/08/06 (口演).