分子細胞機能学研究室 / Lab Mol Cell Biol

研究概要 / Introduction

当研究室では、筋肉・骨・脂肪などの幹細胞や前駆細胞を対象に、ロコモティブ症候群メタボリック症候群の予防・治療に有用な独自の機能性分子を研究しています。生物学・農学・医学が融合する領域で、幹細胞生物学の智識と手法を駆使して生命現象を探求し、健康長寿社会への貢献を目指します。

We are studying the original functional molecules using stem cells and precursor cells of muscle, bone, and fat to prevent and recover motor disorders and metabolic syndrome. Our research is going on the fields of biological, agricultural, and medical sciences with the techniques of stem cell biology in order to contribute to healthspan.

マウス胚様体 Mouse embryoid body 異種融合骨格筋 Xenogenic hybrid muscle 遺伝子クラスタ Gene cluster

ゼミ・講義 / Seminars & Lectures

ゼミ / Seminars 2020 / 2019 / 2018 / 2017 / 2016
講義 / Lectures 2020 / 2019 / 2018 / 2017 / 2016

トピック / Topics

2020/06/22: 高谷智英の記事 "筋萎縮治療薬としての筋形成型オリゴ DNA の開発"アグリバイオに掲載されました。

2020/05/29: 高谷智英の論文 "Transcription of endogenous retrovirus group K members and their neighboring genes in chicken skeletal muscle myoblasts" が Journal of Poultry Science に受理されました。

2020/03/23: 進士彩華が、信州大学農学部長賞を受賞しました。

以前のトピック / Former topics

連絡先 / Contact

〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304
信州大学農学部
高谷 智英

Tomohide TAKAYA, PhD
Faculty of Agriculture, Shinshu University
8304 Minami-minowa, Kami-ina, Nagano 399-4598, Japan

Mail: ttakaya@shinshu-u.ac.jp
URL: t-takaya.net