動脈硬化 / Arteriosclerosis

目次 / Index

動脈硬化とは / What's arteriosclerosis?

血管は、全身の組織や細胞に血液を循環させる管状の器官です。心臓から送り出される血液が流れるのが動脈です。心臓からの強い圧力に耐えるため、動脈は頑丈かつ柔軟性に富んでいますが、動脈硬化が進行するとその柔軟性が失われ、高血圧の原因となります。さらに動脈硬化が進行すると、動脈内腔が狭窄し、血流が遮断される梗塞が生じます。心臓や脳の動脈が梗塞する心筋梗塞や脳梗塞は、日本人の死因で大きな割合を占めます。若年齢から徐々に進行する動脈硬化は、超高齢社会における心血管疾患の重大な危険因子であり、その予防・治療法の開発は喫緊の課題となっています。

血管の構造 / Vascular structure

動脈の構造は、内膜・中膜・外膜の3層からなります。外膜は、線維芽細胞などからなる結合組織です。

内膜は、一層の血管内皮細胞からなり、内腔を流れる血液と直接接触します。血管内皮障害は、血中の様々な因子や、血流の物理的な力によって内皮細胞の機能が低下した状態で、動脈硬化の第一歩です。

中膜は、主に血管平滑筋細胞と弾性線維からなる多層構造です。中膜は、血圧に耐えるために厚く発達すると同時に、弾力性を兼ね備えています。平滑筋細胞が増殖し過ぎると、内腔が狭窄して血流が滞ります。平滑筋細胞から柔軟性が失われると、血管壁が破れやすくなります。私たちは、血管平滑筋細胞を標的とした動脈硬化の予防・治療を目指して研究を進めています。

血管の構造 / Vascular structure
Fig 1. 血管の構造 / Vascular structure

アテローム性動脈硬化 / Atherosclerosis

メンケベルグ型動脈硬化 / Monckeberg arteriosclerosis