タンパク質の回収: 培養細胞

Materials

Protocol: 6 cm dish の場合

氷を準備する。遠心機を冷却しておく。
必要量の lysisu buffer に、1/100 量の protease inhibitor cocktail を加える。

  1. 1 ml の PBS(-) で wash, 2回。
  2. 1 ml の PBS(-) を加え、セルスクレーパーで細胞を回収し、1.5 ml チューブに移す。
  3. 遠心, 5000 rpm, 4°C, 1 min。
  4. 沈殿した細胞を吸わないように、ピペットで上清を除去する。
  5. 50 ul の lysis buffer を加え、ピペッティングして細胞を溶解する。
    細胞が溶解すると、溶出したタンパク質で lysis buffer が濁る。
  6. 遠心, 12000 rpm, 4°C, 3 min。
    不溶性画分 (疎水性タンパク質、膜脂質など) を沈殿させる。
  7. 上清 (可溶性タンパク質溶液9 を新しい 1.5 ml チューブに移す。
  8. タンパク質の濃度を測定する。
  9. 必要であれば、SDS 化などの調整をする。
  10. -80°C 保存。

References

Shinji S, Nakamura S, Nihashi Y, Umezawa K, Takaya T*. Berberine and palmatine inhibit the growth of human rhabdomyosarcoma cells. Biosci Biotechnol Biochem. 2020; 84: 63-75.