培養液の調製

目次 / Index

mGM: マウス筋芽細胞用増殖培地 / Growth medium for murine myoblasts

成分 容量 終濃度 保存
Ham's F-10 400 ml 4°C
FBS 100 ml 20% -20°C
50 ug/ml bFGF 20 ul 2 ng/ml -80°C
PS 5 ml 1% -20°C

chGM: ニワトリ筋芽細胞用増殖培地 / Growth medium for chick myoblasts

成分 容量 終濃度 保存
RPMI 1640 400 ml 4°C
FBS 100 ml 20% -20°C
NEAA 5 ml 1% -20°C
CEE 5 ml 1% -80°C
50 ug/ml bFGF 20 ul 2 ng/ml -80°C
PS 5 ml 1% -20°C

DMEM/10% FBS/PS

成分 容量 終濃度 保存
DMEM 450 ml 4°C
FBS 50 ml 10% -20°C
PS 5 ml 1% -20°C

DM/5% FBS: 筋芽細胞用分化培地 / Differentiation medium for myoblasts

成分 容量 終濃度 保存
DMEM/10% FBS/PS 25 ml 50% 4°C
DMEM 25 ml 50% 4°C

RPMI 1640/10% FBS/PS

成分 容量 終濃度 保存
RPMI 1640 450 ml 4°C
FBS 50 ml 10% -20°C
PS 5 ml 1% -20°C

mES-LIF(-): マウス ES/iPS 細胞用基礎培地 / Basal medium for murine ESCs/iPSCs

成分 容量 終濃度 保存
DMEM 425 ml 4°C
FBS 75 ml 15% -20°C
NEAA 5 ml 1% -20°C
Nucleosides 5 ml 1% -20°C
0.1 M 2-ME 500 ul 0.1 mM 4°C
PS 5 ml 1% -20°C

0.1 M 2-ME (2-mercaptoethanol, 2-メルカプトエタノール) の調製

  1. 50 ul の 2-ME (ナカライ, 21438-82) を 7.05 ml の MQ に溶かす。
  2. 0.22 um フィルターで濾過滅菌する。
  3. パラフィルムをし、4°C 保存。

mES-LIF(+): マウス ES/iPS 細胞用増殖培地 / Growth medium for murine ESCs/iPSCs

成分 容量 終濃度 保存
mES-LIF(-) 50 ml 4°C
106 units/ml LIF 50 ul 103 units/ml 4°C
10 mM CHIR99021 15 ul 3 uM -20°C
10 mM PD0325901 4 ul 0.8 uM -20°C

10 mM CHIR99021 (GSK3β inhibitor) の調製

  1. 5 mg の CHIR99021 (Wako, 034-23103) を 1.0745 ml の DMSO に溶かす。
  2. 50 ul ずつ分注し、-20°C 保存。

10 mM PD0325901 (MEK1/2 inhibitor) の調製

  1. 5 mg の PD0325901 (Wako, 162-25291) を 1.0369 ml の DMSO に溶かす。
  2. 25 ul ずつ分注し、-20°C 保存。

Ham's F-10: mGM 用基礎培地 / basal medium for mGM

2000 ml 調製し、400 ml × 5本に分注する。

Materials

Protocol

  1. 1 L 三角フラスコに 1000 ml の MQ を入れる。
  2. スターラーで撹拌しながら、ビン1本分の Ham's F-10 粉末を加える。
  3. 1.2 g の炭酸水素ナトリウムを加える (色が赤っぽくなる)。
  4. 上記を2本分 (2000 ml) 作製する。
  5. 以下の作業を安全キャビネット内で行う。
  6. ボトルトップフィルターに 0.22 um のフィルターメンブレンを装着する。
  7. ボトルトップフィルターを 500 ml のメディウム瓶にセットする。
  8. ボトルトップフィルターに 400 ml の Ham's F-10 を入れる。
  9. アスピレーターで脱気し、Ham's F-10 をメディウム瓶にフィルター滅菌する。
  10. 4°C 保存。