RNA の抽出

注意事項

Protocol: Trizol 1 ml に溶解したサンプルの場合

  1. 200 ul のクロロホルムを加える。
  2. チューブを手で激しくシェイクし、クロロホルムと Trizol を混合する。
  3. インキュベーション, RT, 3 min。
  4. 遠心, 12000 rpm, 4°C, 15 min。
    透明の上清: RNA、白い中間層: ゲノム DNA とタンパク質、赤い下層: フェノールとクロロホルム
  5. 上清を新しいチューブに移す。
  6. 500 ul のイソプロパノールを加える。
  7. ボルテックスで混合する。
  8. インキュベーション, RT, 10 min。
  9. 遠心, 12000 rpm, 4°C, 10 min。
  10. RNA の沈殿を吸わないように、注意して上清を除去する。
  11. 1 ml の 75% EtOH を静かに加える。
  12. 遠心, 12000 rpm, 4°C, 5 min。
  13. RNA の沈殿を吸わないように、注意して上清を除去する。
    まずブルーチップで 900 ul 程度の上清を除去し、次にイエローチップで残りを除去する。
  14. チューブのフタを開けて静置し、乾燥させる。
  15. 適量の MQ (6 cm dish で培養した細胞なら 20 ul) を加えて RNA を溶解する。
  16. 微量分光光度計で RNA の濃度を測定する。
  17. -80°C 保存。