ImageJ: 細胞核のカウント

Materials

Protocol

  1. ImageJ を起動する。
  2. "File" → "Open..." で解析したい画像を開く。
    Original image
  3. "Image" → "Type" → "16-bit" で画像を変換する。
    16-bit image
  4. "Image" → "Adjust" → "Threshold..." を選択する。
  5. "Threshold" ウィンドウが表示される。
    左のプルダウンメニューから "Default" を選択する。
    右のプルダウンメニューから "B&W" を選択する。
    "Dark background" をチェックする。
    "Stack histogram" はチェックしない。
    Threshold window
  6. "Auto" ボタンを押すと、細胞核が黒く塗り潰される。
    ウィンドウのヒストグラムを見ながら、スクロールバーで閾値を調節する。
    "Apply" ボタンを押す。
    Threshold image
  7. "Process" → "Binary" → "Watershed" で、連続した細胞核を分割する。
    Watershed image
  8. "Analyze" → "Analyze Particles..." を選択する。
  9. "Analyze Particles" ウィンドウが表示される。
    "Size (pixel^2):" にカウントしたいピクセルの面積 (下限-上限) を入力する。
    EVOS の ×10 対物レンズで撮影した画像の場合、マウス筋芽細胞で 20-2000 程度、ニワトリ筋芽細胞で 50-3000 程度。
    "Summarize" をチェックする。
    "OK" ボタンを押す。
    Particle window
  10. "Summary" ウィンドウに結果 ("Count" の数) が表示される。
    Summary window

References